「お茶を飲みながら」 一覧

お茶を飲みながら  岡晴夫の「国境の春」

2019/03/31   -お茶を飲みながら

私はカラオケというものが嫌いではありません。 どちらかといえば好きな方です。歌うことはもちろん大好きですし、私にとっての愛唱歌というのも、あまりジャンルを問わずにけっこう広いほうだと、自分では思ってい ...

お茶を飲みながら  「ハイドシェックと鉄道唱歌」

2019/03/24   -お茶を飲みながら

私は昔から鉄道で旅をするのが好きでした。 私の場合、いわゆる鉄道マニアというのではなく、列車に乗って窓から千変万化の美しい景色を眺めたり、車内でゆっくりと寛いで旅を続けたりということをこよなく愛してき ...

お茶を飲みながら 「ランパルと饅頭」

2019/03/17   -お茶を飲みながら

私はかつて音楽にかかわる仕事をしていたため、内外の音楽家とかなり接触をもちました。 そのなかでも、音楽家としての力量といい、人間の大きさといい、特筆する人物といえばフルートのジャン=ピエール・ランパル ...

お茶を飲みながら  「コルトーについての伝聞」

2019/03/10   -お茶を飲みながら

私はむかし仕事の関係で、外国の音楽家に接する機会が多かったのですが、そのなかでもフランスの音楽家に関わる仕事を比較的多く手がけたものです。 それでフランスをはじめ、ヨーロッパの当時の音楽事情や、日本で ...

お茶を飲みながら 「たい焼き考」

2019/03/03   -お茶を飲みながら

私は甘党を自認しています。 むかしからそう思っています。 むかし務めていた会社でも、同僚からそう思われていました。 飲ん兵衛が多かった社内で、どこかからのいただきもののカステラやケーキがあると、それを ...

お茶を飲みながら  「現役への畏敬の念」

2019/02/24   -お茶を飲みながら

毎日利用する自動販売機でポカリスウェットを買おうとして、コインを投入しましたが、その日はどういうわけか、ひとつの10円硬貨がちゃりんと下にもどってしまいます。 何度やっても、ちゃりんともどってしまうの ...

お茶を飲みながら 「マリアン・アンダーソン」との再会

2019/02/17   -お茶を飲みながら

おことわりしておきますが、再会といっても私はこの偉大なアメリカの歌手と、過去に会ったことはまったくありません。 あくまでも録音を通して聴くことができた体験としてです。 しかし今回マリアン・アンダーソン ...

お茶を飲みながら 「大きな古時計と谷内六郎」 

2019/02/11   -お茶を飲みながら

アメリカの歌の中でもファオスターの「スワニー河」や「主人は冷たい土の中に」とともに、日本で愛されているのが「大きな古時計」でしょう。作詞・作曲はヘンリー・クレイ・ワークで、1876年に発表されています ...

お茶を飲みながら  「天女とティファニー」

2019/02/03   -お茶を飲みながら

YouTubeを見ていたら、「ムーン・リバー」が出てきました。 いっしょに映画「ティファニーで朝食を」の断片を見ることができました。 もうずいぶん前に観た映画なのですが、ごく一部だけでも観ることができ ...

お茶を飲みながら  小津映画「晩春」のあの場面は

2019/01/27   -お茶を飲みながら

先日新宿ベルクに行ったことを書いたところ、ベルクの方々からツイッターに「いいね」をいただきました。ありがとうございます。 そのお一人でkyouko kon様のプロフィールを拝見したところ、小津映画を愛 ...

Copyright© ショコラメイト / Chocolamate , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.