サロンドロワイヤル 「シュガーレスチョコレート」

投稿日:

私はときどき、チョコレートをかじりながらウイスキーをやります。
といっても私がウイスキーを味わうのは、ほんとうにたまにです。
そのために家に置いてあるウイスキーのボトルは何年たってもいっこうに空になりません。

私は元来日本酒党なのですが、つねひごろはワインを愛飲しています。
ただしそれも、毎晩せいぜいワイングラスに3分の1くらいなもので、そのために持ちの良い赤ワインがほとんどです。
スイーツといっしょならば、白ワインがほしいときもあるのですが、そういった事情から、すぐに飲んでしまわなければならない白ワインは、どうしても家に置くことが少ないのです。

さて私はチョコレートといっしょにウイスキーを楽しむ時は、いつもストレートです。
小さなウイスキーグラスに注いだウイスキーを舐めるようにちびりちびりとやりながら、チョコレートをかじります。
まあこうなってくると、チョコレートでウイスキーを楽しむというよりも、ウイスキーでチョコレートを楽しむといったほうがいいかもしれません。

しかし私はアルコール依存とは無関係の、ヘビードリンカーではないにしても、その味にはけっこううるさい方だと思っています。
それでいて甘党の私が選んだウイスキーの楽しみが、このチョコレートとともに楽しむやり方なのです。

舌の上にちびりとやったウイスキーの芳醇な味と匂いでむかえるチョコレートのひとかじりの、なんという夢と美味でしょう。
こどものころに背徳的な喜びさえ感じて食べた、あのウイスキーボンボンと遊ぶ境地です。

さてその相手のチョコレートですが、私はこのところすっかり、サロンドロワイヤルの「シュガーレスチョコレート」の虜になっています。
これは心憎いほどに大人のチョコレート好きの心をとらえて離さない傑作です。

まずはこの手頃の大きさ。
ひとつまみ、ふたつまみと楽しむ果てしないかのような、あの楽しみがあります。
ウイスキーとちびりとやっては、ひとつを口に入れるそのリズムの良さは、ほかのチョコレートにはありません。

チョコレートから甘さを除いた大胆さに感服です。
こどものためのお菓子から、大人の嗜好品に見事に昇華させてくれました。
ちいさい一粒ながら、カカオのこくとにが味のインパクトがたまりません。

成分がどのようになっているのかは、よく見ていないのですが、甘さもかすかに感じるところがまたいいです。
このあたりは不思議なのですが、でも私はスイーツ好きなので、チョコレートの甘みが感じ取れるこのシュガーレスチョコレートの味は、すっかり気に入っています。

そして最重要!
美味しいのに食べでがあります!
長持ちします!
そのために袋にはファスナーがついています!
ほんとうに心憎いです!

-サロン ド ロワイヤル

Copyright© ショコラメイト / Chocolamate , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.