Diary 2019.4.2~2019.4.7

投稿日:

2019年4月2日(火)
晴れていましたが、冬のように寒い日でした。
昨日の雨が、目に見える世界から塵を洗い流してくれました。
寒い空気は、身を引き締めてくれます。
明るいオレンジ色の光は、希望を抱かせてくれます。

今日はこの青空のもと、愛らしい白い雲を眺めながら、明るい光を身に浴びて、歩き続けていたいと思いました。

2019年4月4日(木)
昨日よりはいくぶん暖かくなったかな、と思わせる日でした。
よく晴れていたので、日中は少し暖かく感じました。
でも夜はやはり寒さを感じます。

この一週間ほどの忙しさの中で、蓄積した疲れが昨日今日と出てきたようなので、ゆっくりと休むことを第一として過ごしました。
昼間には、ひさしぶりに新宿のベルクと紀伊国屋書店へ行ってきました。
新宿は相変わらずの人出でした。
外国人の旅行客がさらに増えたようです。

2019年4月5日(金)
朝から一日中、春らしいあたたかい日でした。
桜はだいぶ開きました。
でも枝をよく見ると、まだつぼみがかなりあります。まだ満開ではないようです。

空の雲は、今日はいつになくのびのびとした姿を見せています。

地上はこころから土に親しむ季節になっています。

2019年4月7日(日)
今日のミルクのような柔らかい空のもとでは、桜がその美しさを静かに見せてくれます。
桜の花も東京では今日が見頃でしょう。
市ヶ谷の外堀沿いの桜が、今日はとても美しく見えました。
中央線の電車で通り過ぎる桜の姿は、散ってゆくよりも瞬時の美しさを、はっきりと目に印象づけます。

桜よりも、さらに印象的なのが、今日の日の人びとの暮らしぶりです。
みな何者かに解放されているような、何者かに守られているような、そんな姿です。

今日が春であることも、考えることなく、幸福感のなかに浸れる日でした。

2019年4月8日(月)
朝から寒い日でした。
寒のもどりというのでしょうか。
小雨もぱらつきました。
関東では各地で雹が降ったようです。

それでも、曇った小雨の日だからこそ、心を惹かれる美しさと出合いました。
今日だからこそ、見ることの出来る、美しい色彩に、しばし立ち止まって時を過ごしました。




-Diary

Copyright© ショコラメイト / Chocolamate , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.